■ 江戸切子のカットグラスのルーツ

ガラス食器で有名な江戸切子は江戸末期に現れ、江戸期における日本のガラスの中でも、究極のガラス製品であり
ました。さらにその影響を受けて、当時世界にもまれな、厚被せの色ガラスに切子加工された
カットグラスが薩摩切子です。

ところが、幕末に登場した江戸期のカットグラスのルーツは、日本の吹きガラスの始まりと同様
に、判然としません。古代の例外を除けば、最も古く日本の吹きガラスが作られたと考えられる
のは、長崎、続いて発展したのが、関西地方で、やや遅れて緯度でありました。

これらのガラス職人たちは折れに触れ、西洋の華麗なガラス製品の中から、カットガラスを探し
これを模してみようと挑戦したはずです。しかし、厚手の素材つくりなど技術が追いつかず、何
かと製品となったのは江戸期も末でした。ひとたび製品化されると、なかなかの人気であった
ようで、各地で生産化され、ひときわ江戸で発展したのです。

■ 類まれなる職人芸から江戸以来の日本のカットグラス

その加工は、明治の初めまで江戸時代そのままに、多くは玉やめがねの加工細工人や、そ
の流れを組む職人たちによって主に手探り加工され、多くの優れた遺品が残されています。
さらに明治に入り、ガラス作りが国家事業の1つとなり、品川工作分極で、グラインダーに取
り付けられた大小各種の金盤や石版によってカットされる洋式技法に変わり、お雇外人より

教えを受けた伝承者たちが、その後、世に出ることになります。これらの人々が、明治、大
正、昭和の切子界の指導者として、江戸以来の日本のカットグラスを伝承し、多くの弟子を
育てました。

■ 職人たちの熟練したテクニック

技法は変わったが、東京で作られたカットグラスは、今日東京都の伝統工芸品に指定され、
江戸切子として欧米の製品にも劣らぬわが国で育てたデザインと素材、また職人たちの熟
練したテクニックにより、高い評価を得ています。

とはいえ、江戸切子の解釈は、はっきりとした定義づけがなく、江戸切子という言葉も一般的
になるのは戦後です。江戸切子は人や場合によって様々なとらえ方があります。今日東京で
作られるカットグラスも伝統工芸の江戸切子です。

薩摩きり子以外のアンティーク切子を総称する人もいます。子のサイトでは、江戸後期から
明治前期の江戸、東京で作られたカットグラスを、日本のガラス史に照らし、江戸切子としな
がらも、時間の流れを拡大して江戸期から現代まで、また大阪の切子事情、さらにグラヴィ
ール界にもスポットを当てて、多くの切子職人の紹介をします。