江戸切子の流れを支えた人と技 >  切子師になった幕臣の子

 切子師になった幕臣の子

切子師になった幕臣の子

■ 品川硝子の切子部識工長・黒田作太郎

黒田作太郎は明治6年、三条実美公の賛助を持って、品川目黒川に板硝子の製造を企て、思うに任せなかった業者を冬至の工部省が買収、品川工作分局とし、板硝子の製造開発を一時棚上げして西洋吹きの導入を図り、英国より吹き硝子などの技術者を雇い、一般より伝修正を募りました。

明治14年、その一環としてエマヌエル・ホープトンマンが同国よりカット及びグラビールの指導者として来日し、作太郎はその時期に江戸切子部の伝修正となりますが、同僚の中には農村での少年も少なくありませんでした。

品川硝子は、明治の黎明期の一大事業で、その変遷も激しく名称もたびたび変わり、前身の私企業から政府の管轄、再び民営にと、約15年間の事業所でありましたが、その後、同所で学んだ伝習生たちによって、

各地で新工場や加工所が設立され、洋式硝子の普及に大きく貢献し、ガラス工業の発展に寄与した人材を多く排出させました。

「切子師になった幕臣の子」詳細はこちら