江戸切子の流れを支えた人と技 >  薩摩切子の光芒

 薩摩切子の光芒

薩摩切子の光芒

■ 薩摩切子を伝えた池田助七

江戸切子には色褪せされた素材に、カットされたものはない、と言うのが痛切になっています。江戸市中のガラス屋は、規模の小さく零細であったため、切子に耐えられるような厚く色被せされた素材を作るのは無理であったろうと言うことで、薩摩藩による大資本の投下と、

当時の最高の知識と技術を持って始めて成功した硝子製品であったと推測されるからです。薩摩切子といえば、銅で発色させた赤硝子が有名でありますが、この色の発色はきわめて難しく、今日でもこの色被せのガラスを同じ色合いで連続して製品にすることは至難です。

しかも透き素地と胴赤の膨張係数の微妙なゆがみが後に現れ、よくよく覚ましたつもりでも、切子職人が同種のガラスにカットを施している最中、突然ぽかんと容器が真っ二つに割れることもあります。孝之助と助七の師弟関係は続きました。

維新の立役者、西郷隆盛が鹿児島に帰ってきたのは明治6年でしたが、その3年後の西南戦争へと風雲急を告げるころ、助七は師の孝之助に従って鹿児島を離れ上京しました。

東京高輪において、薩摩の旧士族であった岡村休左衛門らによって新たにガラス工房が設立され、それに呼応したものでした。

「薩摩切子の光芒」詳細はこちら