江戸切子の流れを支えた人と技 >  江戸技法との違いとは

 江戸技法との違いとは

江戸技法との違いとは

■ 江戸期のグラヴィール

切子とグラヴィールは、元来その手法を異にするものですが、ガラス面に彫り文様を入れてゆくという共通の技法からなり、古くは加賀屋の引き札にも江戸切子と共にグラヴィールの製品が乗っています。このように江戸期より伝えられる技法で、しかも日本ではグラヴィールのほうが古くから行われていた

加飾法ではなかったかと推測されています。近代のグラヴィール技法がガラス工芸に取り入れられたのは、16世紀に入ってからで、ボヘミア地方から始まり、18世紀にはドイツ、オーストリア、イギリスとヨーロッパの各地で発展し、

やがて日本にもその製品などが長崎より伝わり、いつしか加工されるようになりました。わが国のグラヴィールの変遷を見ると、およそ三期の時代と系統に分けることが出来ます。

「江戸技法との違いとは」詳細はこちら