江戸切子の流れを支えた人と技 >  伝統の切子工芸

 伝統の切子工芸

伝統の切子工芸について

■ 江戸の硝子屋について

近代日本のカットグラスは、その源を品川硝子に見ることができます。同所などの新技術の前に明治前期まで続けられた江戸期の手摺を中心にした技法は耐えてしまっていますが、逆に江戸切子の名声は今日いよいよ高まり、デパートの展示会やコーナーでは、江戸切子展が催され、

江戸切子の名にあやかり人気は高いです。もちろんこれらのカットグラスは伝統工芸としてのブランド名ですが、江戸末から明治前期にかけて作られたアンティーク、今ではなかなか得がたい骨董品になってしまった当時のカットグラスに目を向けてみるのもいいでしょう。

江戸切子の遺品は、美術館を始め各コレクターによって蔵されていますが、今なお、古美術店でも時折見かけ、これからも人知れず眠っている当時のカットグラスが進出する可能性は高いです。

「伝統の切子工芸について」詳細はこちら